家と暮らしの風水Q&A

新築やリフォームに取り入れる風水 毎日を心地よく過ごすための風水 皆さまの質問に株式会社エガオールがお答えします

店舗・オフィス

Q7  飲食店の居抜き物件を探しています。風水でどのような点をチェックすればいいですか。( E・S様)

2016/09/11

一般住居の風水と、店舗、オフィスの風水は基本的な見方は同じですが、対象がお客さんや取引先、目的が集客、売上げアップ、利益の確保となりますので、その点も併せての鑑定になります。今回はE・S様から「家ではなくて店ですが・・」とご質問いただきました。今、2店舗候補物件があるそうです。ちなみに「居抜き物件」とは前に営業をしていた店舗の設備をそのまま使えることができる物件です。開店資金が少なくてすむ、開店準備期間を短縮できるというメリットがあります。

エガオールからの回答
E・S様 このブログのタイトルは「家と暮らしの風水」ですが、店舗やオフィスのことでもご質問くださって結構です。ご相談いただきありがとうございました。

その物件が建った年を調べる

店舗の鑑定は飛星派風水を使って、時間の経過と共に変化する運を考慮しなくてはいけません。この運は三元九運と言います。20年毎に変化していく運で2004年からは第8運に入っています。例えば候補物件で前に営業していた店が2004年より前からの入居で繁盛していたとしても、今、その気は違った流れになっています。つまり、今の第8運に合わせた気の調整が必要になるということです。2004年後に建った物件で前の店が閉店しているのなら、設備の配置を再確認する必要があります。

環境は大きなポイント

店舗の入口方位、設備の配置の他に、必ず周辺環境をチェックしてください。道の形、土地の起伏、線路や高架などの構造物、ビルの高さなどです。内装を変えることはできますが、環境を変えることはできません。環境はお客様の入りを左右しますので、選択は慎重に行いたいところです。こちらは家を選ぶ時の道の形についてのご案内です。店舗の場合にも適用できます。

営業形態によっても風水が違う

同じ飲食店でも、ファーストフードか料亭のように時間をかけて料理を楽しむ店なのか、客層は若者か、女性がターゲットか・・など店舗の風水は業種やその目的によっても見方が異なってきます。結構、複雑な鑑定になります。

今の段階でのチェック点は

ご相談いただいたのに的確な答えとならなくて申し訳ないです。それだけ店舗物件、特に居抜き物件の場合は前の店が閉店をしているので、その理由を含め鑑定のポイントが多くあって、それは新しいオーナー様の営業方針をお聴きしないといけません。
今の候補物件ですが、ひとつの見方として入口方位からの判断ができます。秘密会議は北入口の店で ~風水で選ぶ店舗、会社の入口方位~でご案内していますので参考にしてみてください。
テナントなら建物の中心からどの方位の店舗が吉かの判断ができます。これにはオーナーさんの生年月日を使います。
もし風水を気にされるなら、複数候補物件の優先順位をつける弊社のプランがありますのでご検討ください。こちらでご案内しています。

弊社は住人の生年月日と間取り図から鑑定する住居風水メール鑑定面談による風水鑑定出張による風水鑑定を行い、それぞれの物件にあった風水対策をご案内しています。
間取り図による詳しい鑑定をご希望の場合はご利用ください。

*家と暮らしの風水Q&A では皆さまからのご質問にお答えいたします。下記フォームからどうぞ。

ご質問にあたっては、質問時の注意事項をお読みになり、ご承諾いただいた上でご質問ください。

※掲載時、都道府県名とお名前(イニシャル)を掲載させていただきます。イニシャル掲載が不可の方は、お名前欄に掲載可能なニックネームをご記入ください。

※迷惑メールの設定をされている方は『ega-all.com』からのメールを受信できるようにしておいてください。

-店舗・オフィス
-, , , , , , , , , , , , , ,

質問時の注意事項

・いただいたご質問はブログ上で回答いたします。ご質問が重なった場合は回答の掲載にお時間がかかる場合があります。

・ご質問への回答が、生年月日や間取り図など個人情報が必要となる場合はブログ上でお答えできない場合があります。その際は弊社から連絡させていただきます。

×