家と暮らしの風水Q&A

新築やリフォームに取り入れる風水 毎日を心地よく過ごすための風水 皆さまの質問に株式会社エガオールがお答えします

土地 新築

Q32 注文住宅を新築で建てるため土地を探していましたが、先日希望エリアに古屋付きの宅地を見つけました。解体して更地にすることは風水ではどうでしょうか?(O・T様)

エガオールからの回答
土地は家の根っこになる部分です。土地の気は家の気、そして人の気に影響すると風水では考えます。古屋付きの土地とは前に住んでいた方の気がまだ宿っていることになるので、土地を新しく住むのにふさわしい状態にしてから新築されることをおすすめしたいです。下記の事を実践していただければ、「風水的に悪い」ということはありません。

土地と家の履歴は大丈夫ですか?

元々家が建っているので宅地であることは明白ですが、これから長い間住むことになる土地です。もう一度土地の安全を調べてみましょう。今は地震や津波など自然災害のことも踏まえおくことが大事です。基礎工事の際に耐震対策を取ることも視野に含めて。これは風水だからということではありません。しかし、気を重んじる風水でも土台である土地の気をまず整えることが大事と考えています。
今、建っている家「古屋」はどのような理由で手放されたのか、事情を把握することも大事です。その事情によっては購入をおすすめできない場合があります。

解体日の決定

購入を決定したなら、まず最初に解体の日取りを考えましょう。日取りは九星気学を使います。世帯主の吉日を選んでください。その際、一年に四回ある「土用」、九星の中の「五黄」が巡る日、「三隣亡」の日は避けて下さい。通常は解体作業前には解体業者さんがお清めをします。この実施については業者さんに確認をとった方がいいでしょう。

地鎮祭、上棟式へと続く

更地になったら土地の神様に挨拶をする地鎮祭、棟木を上げる上棟式がそのあとに続きます。いずれも神事なのでおすすめしたいです。工務店さんや住宅メーカーさんで手配をしてくれるのでおまかせするといいでしょう。この場合も吉日の選択をおすすめします。

家造りはスタートがとても大事です。今回O・T様はゼロから施工されますので、きっとご家族皆さまが住みやすい気のいいお家になると思います。素敵なマイホーム造りに風水を取り入れてみてください。

*土地の購入については吉運を呼び込む基本は土地選びから ~風水を使う土地選択法~でもご案内しています。

*エガオールではは住人の生年月日と間取り図から鑑定する住居風水メール鑑定面談による風水鑑定出張による風水鑑定を行い、それぞれの物件にあった風水対策をご案内しています。
間取り図による詳しい鑑定をご希望の場合はご利用ください。
*家と暮らしの風水Q&A では皆さまからのご質問にお答えいたします。下記フォームからどうぞ。

ご質問にあたっては、質問時の注意事項をお読みになり、ご承諾いただいた上でご質問ください。

※掲載時、都道府県名とお名前(イニシャル)を掲載させていただきます。イニシャル掲載が不可の方は、お名前欄に掲載可能なニックネームをご記入ください。

※迷惑メールの設定をされている方は『ega-all.com』からのメールを受信できるようにしておいてください。

-土地, 新築
-, , , , , , , , , , , ,

質問時の注意事項

・いただいたご質問はブログ上で回答いたします。ご質問が重なった場合は回答の掲載にお時間がかかる場合があります。

・ご質問への回答が、生年月日や間取り図など個人情報が必要となる場合はブログ上でお答えできない場合があります。その際は弊社から連絡させていただきます。

×